主にひとりごと。 ふとしたとき、人知れず本音吐き出してます。 形容詞多め。


by go-go-5s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サヨナライツカ。

今日一人暮らしの家を出て、実家に帰る。
やっぱり別れは寂しい。色んな人に表現方法は違えど、その時は反発したり、理解できないこともあったけど、それぞれ私に愛情を注いでもらい、優しさを頂いた。

そしてこの二年半は本当に思い通りにいかないことだらけだった。
病気してた頃より辛かったし、自分に腹の立つことが多くて、虚しさや悔しさを一番多く感じた二年半だった。

だからこそ営業部の底抜けなガッツとか、最悪な状況でも諦めないで理性を持ってアドバイスをくれる上司や先輩たちに支えられた。

きっと辛いことがこの先あったら、この二年半を思い出すんだと思った。

楽な道より辛い道を歩くのは疲れるけど、強く優しくなれるハズ。そう信じてさかをあがり続けます。

マイペースで(._.)
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-31 01:02 | Trackback

大・成・功・!

d0047572_23525266.jpg

ギャル男細川氏、男になった!


当日は悪天候で足元も滑りそう&川がすぐ傍なため風強くて、ハンディにもデジカメにも風の音。

仕方ないって私と監督でデジカメで動画撮りながら尾行。
意外と二人が速足で、予想外な行動もありうちら焦る。

なんとかプロポーズ場所の広場につき、二人は川の方、階段の下に。

五人で横断幕下ろし。
意外に風強いし!煽られたりなんだりで焦る!
桐ちゃんがその様子を撮影。

バラの花束を置いて、監督は細川氏にオッケーのTEL。
各人持ち場につく。

細川氏に手を引かれた目隠しセッキー登場。電波少年を彷彿。


この時点で監督ウズウズしちゃって桐ちゃんのカメラ取り上げ近場で撮りだす。

セッキー目隠しはずす。

目隠しをとったら、「大好き」の横断幕

びっくり!とにかくびっくり!マジびっくり!






二人向き合ったところで細川氏、何か話してる。






そして、



30本の赤いバラの花束持って




























オレと結婚してくださいっ!



















叫ぶ細川氏!
出川ってもなく裏返ることもなく叫ぶ!











うちらの出ていくサインは、
オッケーならクラッカーをならす
考えさせてなら、ですよねー!?ってデカイ声だしてもらう。













なんかウニャウニャとセッキーが話してる。







オッケー?って細川氏。。。





















ぱぁーーん!






















四方八方からクラッカー鳴らしながらダーッシュ!!






ペンキやら下見やらめんどいことこの上無しでしたが、大・成・功。






二人が出会う場にもいて、細川氏の片思いの相談に乗って、ローテンションセッキーが恋愛モードになって付き合って…

一組のカップルの出会いからプロポーズまで見届けちゃったよ。


いやはや本当に良かった♪
超祝福☆
幸せになるんだじょ~o(^-^)o
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-27 23:52 | Trackback
細川さんのプロポーズ大作戦がいよいよあさって決行。
昨日は横殴りの雨の中全員で現地打ち合わせ。といってもほぼ初対面。
セッキーに気付かれないといいなあ。。。
ポワンとしてるからダイジョブだと思うんだけど。
ていうか警察とか警備員とかに止められないことを祈る。
細川さんが断られないことも祈る。


実家の部屋の掃除してたら、色紙が出てきた。多分上京するときに持って出たもの。
アホだねえ。。。五人くらいは送別できるね。
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-23 17:47 | Trackback

五分間日記。

今日付けで会社を辞めた。

不平不満がモリモリあったけど、本当にホントに、温かい会社だった。
店や課のメンバーにはこんな未熟者の私と一緒に仕事して、いろんなことを教わった。仕事やお客さんに対しての愛情や情熱。
支店や部門を越えての同席同行、プラン提案、声掛けてもらったこと、元気や温かさをもらったこと。どんな小さなことも、私を励まし、支えになっていた。

どうもありがとう。きっと忘れません。
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-20 23:27 | Trackback

日々是雑感。

d0047572_040488.jpg

いや~なんて時の経つスピードは早め。
ついてけねーってたまに。焦り出すコノゴロ。日付変わって今日は地元の大学の先生と会う。設計事務所に絞るの決定。


ツジがいるうちに、京都奈良大阪行ってきた。
携帯トイレに落として水没。
え?ここまできて?タイミングおかしくね?って思ったけど、本来の生きるセンスのなさ露呈。まさか自分に露呈。。

それを差し引きしても良い旅だった。やっぱ建築好きだ。
数寄屋が見たかったのに予約しないと見られないとこばっかりで、残念。
自分が好むモノがよーくわかった。史学は向かないって2日で気付けた。

鬼頭梓が設計した図書館が見たい。理想論や希望が先走って建てたら終わりって空中分解するんではなく、ちゃんとランディングしたタテモノを作ってるっぽいし。ちょっと読んだだけだけどね。
評論家や新建築読者に評価されて、地元では酷評されて、ギャラ間と組んで展覧会したり、またそれを出版したり……
なんか学生とかカーサブルータス読者がそういうのに群がって。建築家がアイドルみたいになって。
なんかなんか、ここまできて疲れた。


「感覚」忘れないようにしよう。
誰かの評論文やレポート、より自分が見た思った「感覚」。
誰かの言葉をコピペするのは簡単。たぶんそこから創造できない。
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-18 00:40 | Trackback

やっぱり。

ものづくり、をキーワードにはじめた転職活動。

現職の経験を生かして、グラフィックとか出版分野も受けてみた。

筆記試験受けて、もういいやあって思った。文章で表現するの、やっぱ無理。
肩がこって仕方ない。

建築家、私の憧れ。
ずーーっと小さいころからの夢だった。向いてないってわかっても、好きだった。

でも一度目指してウツになって、それから自信喪失で。
やりたいけど、自分にはそんなの無理だし、諦めてしまおうと、三年前シュウカツしてたころにはアトリエとハウスメーカー両方受けた。

でもハウスメーカー選んでしまって、こんなはずじゃ・・・って思いながら営業の仕事して。
何かのせいにして正当化して、だけど卑屈になって、うらむしかなかった。
その対象は自分。なんだけど、会社や周りやいろんなことに責任転嫁してた。
酒飲んでも遊んでも、何をしてても3年間心にポッカリとした穴があるみたいだった。
本読んだり、映画見たり、色々自分を刺激して、奮い立たせようとしたけどだめだった。

心には、どうして営業やってるんだろう?とか仕事に誇りがもてなくて。

でも色々考えられたから、営業も経験できてよかったとおもう。
3年前アトリエを選んでたとしても、私のことだからきっと迷ってたと思う。

もう学生のころみたいに有名になって、公共事業とか大きいプロジェクトやって、、、とか大きいことは言わない。
車も洋服もいいものなんか要らないし、遊ぶのも、もういい。
たまに見たい建物を見に行けるなら。
もう一度、建築にわくわくしたい!寝てもさめても、何をおいても建築がやりたい!
できるならずっとそうやって生きていきたい。

今の私はそう思うのデス。
だって、建築家は私の憧れ。

More
[PR]
by go-go-5s | 2009-03-02 16:10 | ひとりごと。 | Trackback